「ふるさと銀河線 」高田郁著

2014-10-6
2006年廃止、2008年から観光鉄道として復活したとのこと。
それぞれ重い内容なのに読後感はほっこりする短編集。あるがままを受け入れる。
「今日みたいに寒い日には、湯気がご馳走や」(ムシヤシナイ)「ここは、お前に会える町です」(返信)
「みっともなくても、それが私なのです」(雨を聴く午後)「私が私でなくなる前に、これだけは書いておかねば・・・」(晩夏光)
「さよならだけが人生ならば人生なんかいりません」(ポストカプセル)
さまざまな出会いに感謝しつつ 日々を過ごせたらと思います。 

広告

石蕗日和

石蕗咲きて今年も末と思ひけり

2014-10-1
石蕗日和見知らぬ町を歩きけり

2014-10-2
野ぎく咲く坂道超すや逗子の海

2014-10-3
とんび二羽戯れ飛ぶや秋の海

2014-10-5a